食品表示法について

食品表示法の良さについて

食品には安全性の確保から食品衛生法等により品質の表示が義務付けられています。
また健康を促進する者や保健機能食品制度などにより、特定保健用食品などを表示することが可能です。
これらの食品表示には様々なものがあります。
品質表示では、品名や原材料名や賞味期限を表示することが義務付けられているのです。
材料の中には食品添加物も含まれています。
この食品添加物は製造中において食品の加工や保存の目的で食品に使用するもので有効性と安全性が確認されたものだけが使用を認められているのです。
またアレルギー物質の表示や遺伝子組み換え食品の表示などもあります。
遺伝子組み換え食品は遺伝子の1部を操作して他の植物の中に組み込むことにより、害虫対策やそれによって収穫量を増やすために改良された作物を用いた食品のことです。
つまり、食品表示法はこれらのことを表記することを義務づけています。
ですので、消費者にとっては商品を購入する際に納得することができるので非常に良いことだと思います。

Copyright© 食品表示法 All Rights Reserved.